トレーニング・減量

DHA・EPAとリコピンで効率の良いダイエットを【大切なのは時間帯】

夏に海や川でダルダルな体を晒したくない、スポーツでもっと動けるようになりたい、カッコイイまたはスタイルのよい身体になり異性にモテたい。

人が痩せたいときには色々な理由があると思います。

ダイエットは8割が食事制限で決まると言いますが、毎日カロリーを気にしての食事も辛いものがあります。

自炊だとすればカロリー管理されたメニューを考えるだけでも一苦労ですね。

流行りのサラダチキンも毎日食べるとなるとあのパサパサ感が辛くなってしまいます。

ちなみにサラダチキンダイエットは僕もやったことがありますが3日で挫折しました。

正直サラダチキンを見るのも嫌になりましたね。

ちなみに残りの2割は運動によるカロリー消費なのですが、こちらも時間がないなどの理由で続かない人が多い印象です。

コレステロールを下げるならDHA・EPA

食事制限や運動が時間の都合や継続が厳しいとなると次に大切なのは血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる成分を摂取する事です。

ダイエットサプリでよく聞く「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタ塩酸)」。

こちらは血をサラサラにし、コレステロールの値を下げ、善玉コレステロールを増やす効果があります。

京都大学は2015年に魚油に含まれるDHA・EPAが、脂肪を燃焼する細胞の増加を促進し、体脂肪の幻想効果があると発表しました。

同大などの研究チームがマウスを使った実験でこれを証明しイギリスの科学誌にも公開されました。

今やダイエットには欠かせない必須栄養素です。

しかしDHA・EPA共に体で作る事ができないので、食べ物から摂取する必要があります。

必須脂肪酸【体内で作ることのできない油】

オメガ系3種(DHA/EPA)

オメガ系6種(オレイン酸)

オメガ系9種(リノール酸)

現代の欧米型食生活だとオメガ系6種が過剰摂取気味になってしまいます。

バターやサラダオイルなどにも含まれているので、欧米型食生活ですとオメガ系6種しか摂取できないのです。

しかしオメガ系6種を過剰摂取すると血液中のコレステロールが上がってしまい、肥満や思考低下の症状が出てしまいます。

そこで現代日本人に摂取してほしいのがオメガ系3種のDHA・EPAなのです。

やはりDHA・EPAが豊富なのは魚

厚生労働省による摂取基準では、1日にDHA・EPAを合わせて1,000mg摂ることが望ましいとされています。

《魚類のDHA・EPA含有率》

可食部100gあたり

種類DHAEPA
さんま1600mg850mg
まさば970mg690mg
まあじ570mg300mg
あなご550mg560mg
くろまぐろ(赤身)120mg27mg
あゆ(天然)58mg89mg
まだら42mg24mg

※文部科学省「日本食品基準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表」を元に作成

魚の中でもサンマやサバなどの青魚に多くのDHA・EPAが含まれているのが分かりますね。

肉類に関しては、種類によってはDHA・EPAを摂取できるのですが青魚と比べるとかなり微量になります。牛乳・卵・チーズも同様です。

効率面から考えると魚から摂取するのが1番いいのですが。

ただ毎日魚を食べるというのも現実的ではないんですよね・・・。

そして魚の食べ方にも問題が!!

焼き魚

DHA約20%減少

揚げ物

DHA約50%減少

考えてみれば、脂の中にDHA・EPAは含まれているので焼きや揚げでジュージューと滴る脂は失ってはいけないものなのです。

やはりDHA・EPAをしっかり摂取するには刺身などで生で食べるのが1番良いでしょう。

煮たり蒸したりもいいのですが、汁の中に差からでた脂が含まれているため煮汁も一緒に食べると上手にDHA・EPAを摂取する事ができます。

DHA・EPAは質も大事

DHA・EPAはただ量を多く摂ればいいという訳ではなく、質を意識して摂ることも大切です。

質のいいDHA・EPAを摂取するには魚ですと旬の油が乗った季節に食べるのがいいでしょう。

ですがDHA・EPAを含む不飽和脂肪酸は酸化しやすいという弱点を持っています。

生で食べるのなら問題ないのですが、魚嫌いの方や旬の青魚を刺身で食べるには季節も限られてしまいます。

そこで手軽に良質なDHA・EPAを摂取できるのがサプリメントです。

ただDHA・EPAのサプリは国産・外国産合わせて膨大にあります。

その中でもDHA・EPAの配合率が良く、良質な脂で作られているのが創業100年以上の大正製薬がだしている「大正DHA・EPA」

大正DHA・EPA

製薬会社のサプリということで信頼の品質です。

酸化しやすいという特徴を持つDHA・EPAを守るアルミの個別包装が特徴。

1日分ごとに包装されているので飲み忘れチェックも容易ですし、旅行へ出かけるときなども便利。とても衛生的ですね。

DHA400mg/EPA200mgは僕の知る限り今売られているものの中で1番配合量が多いです。

この手のサプリは粒が大きくて飲みにくいという欠点をよく聞きますが(外国製が多い為)、大正製薬のものは粒も小さく飲みやすい。

値段は少し高いのかもしれませんが、体の中に入れるものですので妥協してはいけません。

国産で会社の知名度から考えても安心感が得られると思います。

そして通常価格4,000円が初回限定500円(税抜)

さらにこちらから購入すると2回目以降も特典が付きます。

かなりお得に購入できますので値段がネックと思っている方は是非試してみて下さい。

定期特典①:通常価格より10%もお得に!

定期特典②:毎回送料無料

定期特典➂:定期以外の商品も10%割引

定期特典④:いつでもお休みできます

大正製薬DHAEPA 初回88%オフの500円+消費税

何よりも時間帯が大切

とある実験では脂質代謝の改善効果があると言われているDHA・EPAの入った餌を朝にだけ食べさせたマウスと夕方だけ食べさせたマウスを比較しています。

すると朝にだけ食べさせたマウスの血中中性脂肪は夕方だけに食べさせた場合と比べはっきりと下がることが分かりました。

肝臓中性脂肪やコレステロールも同様に朝に食べたマウスだけが下がるという結果になりました。

この結果から考えるとDHA・EPAなどの「オメガ3系多価不飽和脂肪酸」は、朝に摂取した方が効果的・効率的ということが分かりますね。

逆に夜に摂取した方がいい栄養素もあります。

例えば塩分は排出効率のいい夜に摂った方がいい場合があります。特に高血圧で塩分を控えてる人などは、塩分の多い食事を朝に摂るのはあまりよくありません。

効率よく吸収し効果を最大限出すには時間帯にも気をつけなければいけないのです。

リコピンも優秀である

リコピンには様々な生活習慣病の原因となる活性酸素を消去する働きがあったり、コレステロールを下げる働きがあります

簡単に言うとリコピンが豊富に含まれているトマトを食べていると脂肪増加を抑える働きがあるので、太りにくい体質になります。

リコピンの1日摂取量は15mgほどです。

大きめのトマトなら約2個分

トマトジュースなら約150ml

ちなみに、リコピンは生野菜からよりトマトジュースやトマトソースといった加工品から摂取したり、加熱してから摂取する方が吸収率が上がるのです。

こうして比較するとトマトジュースの方がリコピンを手軽に摂取できそうですね。

トマトは夏野菜です。

夏野菜の特徴である体を冷やす効果はトマトにもあります。

今のように寒い季節にはトマトをそのまま食べるのではなくホットトマトジュースやトマト鍋などがおすすめです。

※ホットトマトジュースはレンジで1~2分温めるでけで出来上がりです♪

朝が1番吸収率が良い

実はリコピンにもDHA・EPA同様に『いつ撮るのか』が重要になります。

カゴメの試験研究では朝昼晩の時間帯で1番吸収率が良いのが朝ということが明らかになっています。

さらに牛乳と組み合わせることにより、牛乳の脂肪分によってリコピンの吸収率が高まりより効率的に摂取する事ができるんですよ。

トマトジュースが苦手な方へ

トマトは大丈夫でもトマトジュースは苦手だという人も多いと思います。

そういった方はサプリでリコピンを摂取するのをおすすめします。

【メグリスリコピンプラス】

こちらは3ヶ国の楽天モール(日本・アメリカ・スランス)で1位を獲得しているサプリです。

一袋あたり900mgのリコピンが配合されています。

1袋=90粒ですので1粒でリコピンが10mg摂取できますね。

1日2粒飲めば1日分のリコピンは十分摂取できます。

他の成分もダイエットに有効なものばかりが配合されていますので、本気で痩せたいのなら試す価値は大有りです。

\今だけ定期初回限定¥990-(税抜)/

↑ご購入はこちらから

まとめ

激しい運動や過度な食事制限は30歳以上では怪我や体調を壊す原因になります。

健康のために痩せようと思って、怪我や病気になるのは本末転倒ですよね。

ただ多少は運動した方が綺麗に痩せる事ができるのも事実です。

自宅で軽く筋トレをするだけでも継続することにより大きな差が出ます。

DHA・EPAやリコピンを上手く摂取し無理のない運動をすることにより健康的で綺麗なダイエットを成功させましょう。

魚が嫌いな方や毎日魚では飽きてしまうという方、調理の時間節約したいという方はサプリを試してみて下さい。

トマトも同様です。

摂取方法や時間帯をしっかり守り、暴飲暴食をしなければ必ず結果は出るはずです。

そしてサプリ自体そんな高額なものでもないですし、初回購入ですとDHA・EPAならスタバのコーヒー1杯を1日我慢するだけです。

そして合わないなと思えば辞めればいいだけですよ。

サプリによってダイエットが捗ると思えば決して高い買い物ではないはずです。

あなたにとってこの情報が為になったのなら幸いです。

あなたにとってより良いダイエットライフを♪♪では

クライミング情報まとめページ

技術的なことはもちろん、怪我やトレーニング方法などをまとめています。

他にも日常生活からクライミングにプラスになるような情報も!!

よろしければ1度覗いてみて下さい♪

 

 

ABOUT ME
管理人カメX
管理人カメXです。 趣味のクライミング(ボルダリングメイン)&食べ歩き。 その他日常や興味のあることをグダグダ書いていきたいと思います。 一応クライミングと食がコンセプトですがその2つは両立するのでしょうか?笑 どうぞよろしくお願い致します。
こちらの記事もおすすめ

POSTED COMMENT

  1. […] DHA・EPAとリコピンで効率の良いダイエットを【大切なのは時間帯】 […]

  2. […] DHA・EPAとリコピンで効率の良いダイエットを【大切なのは時間帯】 […]

  3. […] DHA・EPAとリコピンで効率の良いダイエットを【大切なのは時間帯】 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です