トレーニング・減量

血糖値爆上げの缶コーヒーや清涼飲料水は悪魔の飲み物我慢するだけで痩せる

最近ローソンで『悪魔のコーヒー』なるものが話題になていますがこちらダイエットをしたい、健康づくりに励みたい人にとっては冗談抜きに悪魔飲み物になる訳です。

よく癖になる甘さとポジティブに評価されていますがそれはただ単に糖質中毒に陥っているだけなのです。

血糖値を上げるのはひとえに糖質です。

脂質やタンパク質は血糖値を上げません。

一方、たった1本の飲み物が血糖値を急激に上げることにより、肥満を作り上げ健康を害していくのです。

悪魔のコーヒーⅡ(砂糖の量が第1弾と比較して160%も配合)の栄養成分表1本(180ml)当り。

エネルギー143㎉
たんぱく質3.6g
脂質3.4g
炭水化物24.8g
食塩相当量0.4g

人気缶コーヒー(ペットボトルも含む)飲料の糖質量

商品名容量1本当りの炭水化物
ジョージア/マックスコーヒー250g24.5g
ボス/とろけるカフェオレ500ml44.5g
スターバックス/カフェラテ200ml17.2g
ダイドーブレンド/ブレンドコーヒー185g13.6g
ドトール/カフェオレ5000ml35.5g
ジョージア/エメラルドマウンテンブレンド210g14.4g
ボス/レインボーマウンテンブレンド185g12.7g
ワンダ/モーニングショット185g12.5g
ボス/カフェオレ185g14.8g
角砂糖角砂糖

 

糖質は炭水化物と言い換える事ができます。

実際に糖質たっぷりの清涼飲料水は『糖質〇グラム』ではなく『炭水化物〇グラム』と表記されているものが大多数。

本来健康的な人間の体内には約4.5リットルの血液があり、その中のブドウ糖濃度(血糖値)は空腹時90㎎/㎗です。

つまり血液中には4グラム前後のブドウ糖が存在します。

4グラムあれば体には十分という事になります。

カメX
カメX
4グラムあれば十分のところに悪魔のコーヒーみたく24.8gもの糖質が体に入るとどうなるの?

リポDクライマー
リポDクライマー
Excellent!いい質問ですね!!

4グラムでいいところに悪魔のコーヒーやコンビニの缶コーヒーなどを飲んで、いきなり大量の砂糖がドバドバ入ってきたらどうなるでしょう。

思ってもいなかった、ばかげた事態が起きるのです。

※この記事は『医者が教える食事術』を参照しています。

液体の糖質は血糖値が上がりやすい

ご飯やパン、麺類、果物、ケーキにおせんべいといったお菓子、清涼飲料水など・・・。

私たちが普段から摂取しているさまざまな食べ物に糖質(炭水化物)は含まれています。

 

こういった糖質が含まれている食べ物を口にすれば、例外なく血糖値は上がります。

しかし上がり方は様々なのです。

固体の場合

ご飯ご飯

ご飯やパンなどの固体の方が液体に比べて血糖値の上昇が緩やかになります。

何故なら固体ですと胃の中で消化に時間がかかるからです。

ところが液体の場合、スッと胃をすり抜け小腸へ届き吸収されてしまうため一気に血糖値が上がってしまいます。

健康的な人の血糖値は、空腹時で8090/前後。

ご飯やパンを含んだ食事ととれば1時間後に120/くらいにまで上がります。

やがてゆっくりと下降していくのです。

こうした緩やかなカーブならいいのですが、液体で大量の糖質(炭水化物)をとると血糖値がとんでもない動きになるのです。

液体の場合

液体の糖質(炭水化物)の場合口にしてすぐに血糖値が上がり始めます。

ご飯・パンの1時間に対し、液体と糖質ですと30分後にはピークに達してしまうのです。

缶コーヒーを1本飲めば糖尿病のない健康的な人でも30分後には血糖値が140/くらいまで急上昇します。

これを【血糖値スパイク】と呼びます。

この血糖値スパイクが起きると、今度はジェットコースターのように一気に下降して血糖値が低すぎる状態に陥ります。

糖質中毒のサイクル

血糖値がぐんと上がると、セロトニンやドーパミンといった脳内物質が分泌されハイな気分になります。

それによって

「仕事前に気合を入れるには缶コーヒーが1番だ。」

と誤解してしまうのです。

このハイになることを【至福点】と言います。

一方で人体というのは優秀であり、血糖値が急激に上がったことを察知しそれを下げるために慌てて膵臓から大量のインスリンというホルモンを放出します。

それにより血糖値が急激に下がり、ハイな気分から一転。

イライラしたり吐き気や眠気に襲われるなどの不快な症状が出てきます。

そして「またあのハイな気分を味わいたい。」とばかりに同じことを繰り返してしまうのです。

この悪魔のサイクルにより立派な糖質中毒の出来上がりです。

しかし中毒に陥っている本人にはその自覚は全くないのです。

清涼飲料水などのメーカーは、人の至福点について計算し尽くし、商品を設計している。

親子亀
親子亀
そう聞くとなんか怖いね・・・。

大手メーカーだからと言って利益がなければやっていけません。

言い方は悪いですが清涼飲料水などのメーカーは、糖質中毒患者を増やすことにより安定的な利益を手にしているのです。

血糖値上昇によるデメリット

血糖値上昇によるメリットは一瞬ハイな気分になるという事だけです。

ただデメリットは沢山あります。

あなたが缶コーヒーや清涼飲料水などの沢山の糖質が含まれた飲料を飲めば、血糖値が急激に上がりそれを察知した体が膵臓からインスリンを放出し血糖値を下げることは分かっていただけたと思います。

しかし膵臓の努力にも限界があり、あまりにも酷使すればやがて動きは鈍くなります。

そして最悪の場合には糖尿病を発病します。

反応性低血圧

糖尿病までいかなくとも【反応性低血圧】と呼ばれる病気もあるのです。

これは清涼飲料水などを好む人たちに多く見られアメリカではよく知られた概念となっています。

【反応性低血糖】

食事により、血液中の糖分が上昇して膵臓から出るインスリンが出過ぎた結果、血糖値が急に下がり過ぎて低血糖を引き起こします。この病気は診断が難しいため、うつ病や統合失調症と間違われやすいという特徴があります(身体因性偽神経症)。

千代田国際クリニック/本当は怖い低血圧

反応性低血圧の症状は疲れやすさ、眠気、不安、動悸、やる気が起きない、めまい、吐き気、頭痛、イライラする、目がちかちかすると多岐にわたります。

最近やたらと眠くなる、どうも集中力が続かないなどの悩みを持つ方がいたら反応性低血圧化もしれません。

太る原因は糖質

肥満は血糖値が上がることで起きるのであり、血糖値を上げる糖質を控えれば痩せていきます。

缶コーヒーや清涼飲料水の怖いところは、肥満の原因である糖質を糖質中毒というループに嵌めて摂取させることです。

肥満のメカニズム

まず覚えておいてほしいのは、脂肪を食べたから体の脂肪が増えるのではないという事です。

食べたものは消化・吸収を経て新しい物質に分解・合成されます。

脂肪を食べたからそのまま脂肪になるのではなく、糖質を過剰摂取しブドウ糖が余ると、中性脂肪が蓄積されてしまうのです。

では痩せるにはどうしたらいいのか、大事なのは血糖値です。

糖質にも種類があります。

ごはんやパン、パスタ、イモ類=多糖類

砂糖=二糖類

ブドウ糖や果糖=単糖類

食物として摂取したこれら糖質は全て

消化酵素によって1個1個のブドウ糖や果糖に分解されます。

ご飯もパンもパスタもイモも砂糖も最終的にはブドウ糖に分解されて吸収され血液中に放出されるんですね。

この時に糖質を沢山摂取すれば血液中のブドウ糖が増えていき、そのままでは血糖値が上がり過ぎてしまうため膵臓からインスリンがでて余ったブドウ糖を処理します。

どのような処理になるかというと、インスリンが余ったブドウ糖をグリコーゲンに変え肝臓や筋肉の細胞に取り込みます。

それにより健康な人は血糖値が上がりすぎずに済んでいるのです。

しかしグリコーゲンとて細胞内に取り込める量には限界があります。

キャパオーバーしたブドウ糖が中性脂肪に形を変えて脂肪細胞に取り込まれてしまうのです。

これが肥満の原因です。

DHA・EPAを上手く活用し。血糖値コントロールを

DHA・EPAはサバを筆頭とした青魚に含まれている成分です。

DHAはドコサヘキサエン酸の略で

  1. 中性脂肪値を低下させる
  2. 生活習慣の予防
  3. 認知症予防

といった効果が期待されています。

EPAはエイコサペンタエン酸の略

  1. 血液をサラサラにする
  2. 悪玉コレステロールを増やさない
  3. 動脈硬化や心筋梗塞を予防
  4. 血液中の中性脂肪を減らし脂質異常を予防

といった効果が期待できます。

そしてEPAを摂取する事によりさらにメリットが

EPAが小腸に届くことにより細胞を刺激し、GLP-1が分泌されます。

GLP-1は『痩せホルモン』ともいわれていて食べ過ぎを防ぐという効果があると考えられています。

またGLP-1には、胃の働きを遅くする効果もあり、血糖値の急上昇を防いでくれます。

親子亀
親子亀
糖尿病の治療薬としても使われているんだよね。

DHA・EPAを摂取するのはメリットしかないのです。

大正製薬DHAEPA 初回88%オフの500円+消費税

まとめ

そもそもコンビニで売っている缶コーヒーや清涼飲料水、ジュースなどは人間が生きていくために必須とは言えません。

どうしても飲みたいと思うのならそれは糖質中毒に陥っている可能性があります。

コンビニで売っている缶コーヒー(ペットボトルもそうですが)はカフェで売られているいれたてのコーヒーとは全くの別物。

砂糖の塊が溶けた液体に過ぎないのです。

それは清涼飲料水やジュースにも言えます。

痩せたいや健康でいたいと思うのなら今一度生活を見直してみることをおすすめします。では

要点まとめ

缶コーヒー・清涼飲料水の糖質量は思った以上にある

液体からの糖質摂取は血糖値を急激に上げる

それを繰り返すと糖尿病のリスクも

肥満の原因は糖質の過剰摂取

糖質中毒になると太りやすく病気にかかりやすくなる

DHA・EPAを上手く活用し糖質中毒を避けよう

クライミング情報まとめページ

技術的なことはもちろん、怪我やトレーニング方法などをまとめています。

他にも日常生活からクライミングにプラスになるような情報も!!

よろしければ1度覗いてみて下さい♪

 

ABOUT ME
管理人カメX
管理人カメXです。 趣味のクライミング(ボルダリングメイン)&食べ歩き。 その他日常や興味のあることをグダグダ書いていきたいと思います。 一応クライミングと食がコンセプトですがその2つは両立するのでしょうか?笑 どうぞよろしくお願い致します。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です