トレーニング・減量 PR

30代こそセルフトレーニングジムを上手く活用するべきだ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

30代以上の男性は、キャリア、家族、自己実現という多くの責任と目標のバランスを取りながら生活しています。

健康はこれらすべての基盤となりますが、時間と予算の制約により、常に優先順位が高いとはいえません。

20代のころは多少生活習慣の乱れがあっても何とでもなるでしょう。

たとえば…。

  • 夜更かしや不規則な睡眠
  • 不健康な食事
  • 運動不足

があげられます。

20代の不摂生な生活習慣は、30代になって大きな影響を及ぼす可能性があります。

僕自身もそうでしたが30代になり大きく体調を崩したことがあるということは残念ながらよくある話なのです。

カメX
カメX
20代のころから10㎏以上太ったよってセリフはよく聞くね。
リポDクライマー
リポDクライマー
健康診断の結果が予想以上に悪かったってセリフも3よく聞きますね。

身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている。更に高齢者においても歩行など日常生活における身体活動が、寝たきりや死亡を減少させる効果のあることが示されている1,2,4,5)。

 生活習慣病の予防などの効果は、身体活動量(「身体活動の強さ」×「行った時間」の合計)の増加に従って上昇する3)。長期的には10分程度の歩行を1日に数回行なう程度でも健康上の効果が期待できる。家事、庭仕事、通勤のための歩行などの日常生活活動、余暇に行なう趣味・レジャー活動や運動・スポーツなど、全ての身体活動が健康に欠かせないものと考えられるようになっている。

 我が国においては、身体活動・運動についての長期にわたる時系列的な調査は少ないが、家事や仕事の自動化、交通手段の発達により身体活動量が低下してきたことは明らかであり、食生活の変化とともに、近年の生活習慣病増加の一因となっている。

 身体活動や運動の健康に対する効果についての知識は国民の間に普及しつつあるものの、運動を実際に行っている者の割合は少ない。多くの人が無理なく日常生活の中で運動を実施する方法の提供や環境をつくることが求められる。

厚生労働省:身体活動・運動より一部抜粋

上記を読んでいただくと分かるように、運動のメリットはみんな理解しているのに実際に運動をする習慣がある人は少ないのです。

運動は健康だけでなくメンタルヘルスや生活の質を向上させることにもつながります。

是非今からでも習慣化させるべきなのです。

ここで、低価格セルフトレーミングジムの利用が鍵となります。

この記事では、低価格フィットネスが30代男性にとってなぜ理想的な選択肢なのかを解説していきます。

セルフトレーニングジム体験談

まずは僕自身の体験談からお話します。

僕の場合肥満や運動不足からセルフトレーニングジムに興味を持ったのではありません。

クライミングでの伸び悩みがきっかけで停滞期を打破するにはどうしたらいいかと思い悩んだ結果セルフトレーニングジムに通うようになりました。

その時のお話はこちらの記事に詳しく書かれています。

クライミング停滞期克服!自身の経験からの効果的なトレーニング方法同じことを続けていると必ず立ちはだかるものがあります。 それは停滞期です。 あなたもクライミングを始めたばかりの頃は成長が目に見えて...

いざ通ってみると低価格フィットネスは値段の割にリターンが大きいと強く感じました。

まさしくコストパフォーマンスがいいのです。

実際、低価格フィットネスジムに定期的に通うようになり6~7㎏の体重減量にも成功しました。

元から体を動かす趣味があったとはいえ、絞りきることができたのはセルフトレーニングジムのおかげが大きいと感じています。

体重が軽くなることにより、趣味のクライミングでも成果が出始めます。

身体を動かすことが習慣になるとスタミナもつきます。

不思議なことにスタミナが付くと無駄にダラダラすることも減っていきます。

そうすると趣味以外も楽しくなってくるのです。

もちろん趣味もさらに楽しくなり結果人生が充実していきます。

僕はこの相乗効果により人生がよい方向に進んでいると自信をもっていうことができます。

家庭がある人も、独身の人も太っているより痩せている方がぜったいにいいに決まっている。

健康面はもちろんのこと体型維持できている人の方が仕事もできるという印象を与えることができます。

独身であればスタイルがいい方がモテますよね。

お子さんがいる方なら『かっこいいパパだね』といわれた方が奥様もお子さんも自分自身も嬉しいですよね。

『今更ではなく人生はいつでも今からなのです。』

30代からみたセルフトレーニングジムのメリット

セルフトレーニングジムの最大の魅力はコストパフォーマンスです。

忙しい毎日を過ごす中で、健康を大切にしたいと考えているあなた。

しかし現実では色々な事情により使えるお金が限られています。

『効率的に自分の体を鍛え上げ、健康を維持する』

難しく思えますがセルフトレーニングジムをうまく活用すれば誰でも実現は可能なはずです。

経済的なメリット

セルフトレーニングジムは、一般的なフィットネスクラブやパーソナルトレーニングに比べて費用が格段に低いです。

予算に限りがある中でも健康を維持し、体を鍛えることが可能になります。

なぜセルフトレーニングジムは安いのか?

それはスタッフの数を最小限に抑えたり、高価なスパやプールなどの設備をはぶき運営コストを削減しているからです。

入会時に器具の使い方は説明してくれます。

今の時代わからなければスマートホンで調べることもできます。

それなら無人であったりスタッフの人数が少なくても料金が安い方がありがたいと僕は思います。

自分のペースでトレーニング

セルフトレーニングジムの多くが24時間営業を採用しています。

仕事や家庭の都合で日中ジムに行けない人は少なくないと思います。

しかし今流行りのセルフトレーニングジムは24時間体制のものが多いです。

僕はこの時間の柔軟性こそが最大のメリットだと感じています。

24時間ジムはうまく利用することによって自分のスケジュールに完全に合わせることができます。

早朝にトレーニングをしたい。

仕事の後でストレスを解消したい。

または夜中にふとエネルギーが湧いてきた。

そんなときジムはいつでも開いています。

忙しいあなたでも、仕事やプライベートのスケジュールに合わせて、自分の都合の良い時間にトレーニングが可能。

早朝や深夜、あなたの「今」がトレーニングタイムです。

自己管理能力の向上

セルフトレーニングジムを利用することで、自己管理能力が養われます。

自分でトレーニングプランを立てる。

目標に向かって自律的に努力する。

そういった自己管理が生活全般にポジティブな影響を与えます。

あなたの健康とフィットネスの目標をサポートするために、セルフトレーニングジムはいつでも準備が整っています。

費用を抑えながら、健康で活力ある毎日を手に入れるチャンスです。

ぜひ、この機会にセルフトレーニングジムでのトレーニングを始めてみませんか?

あなたの「変わりたい」をセルフトレーニングジムが全力でサポートしてくれるはずです。

トレーニングを継続するコツ

僕がトレーニングを継続するために行ったのはながら運動です。

“ながら運動”つまり他の活動をしながら運動を行うことを意識したのです。

僕の場合、トレーニング後は爽快な気分になるのですが始めるまでが腰が重くどうも乗り気になれないことがありました。

トレーニングだけだと思うときつくてつまらない・楽しくないと感じていたのです。

僕はジムに行くとウォーミングアップで軽い有酸素運動から行っていました。

身体を暖めるためにエアロバイクを20分ほど漕ぎその後ウェイトトレーニングをするという流れです。

「エアロバイクの強度もそこまで高負荷ではないしせっかくだから読書も一緒にやってしまえ!!」

そう思い始めたながら運動が僕にはピッタリとハマりました。

本を読みたいからジムに行く。

身体を動かしたいからジムに行く。

違う思考でも行きつく先は一緒といういい循環を生んだのです。

人間というのはやり始めるときに一番エネルギーを使うので入り口が大きいと継続しやすくなります。

1回始めてしまえばその後のウエイトトレーニングは本なしでもやる気に満ちた状態でのぞめます。

ながら運動は別に読書じゃなくてもよく、好きなユーチューブをみるでも音楽を聴くでもいいと思います。

ただそれをするのはジムに行った時のみだけにするといった紐づけをした方が効果はあがります。

是非一度試していただきたい。

最後に

人はいつだって変われます。

それに歳は関係ありません。

しかし変わりたいと考えているだけでは変化はありません。

変われるのはいつだって行動した人のみです。

セルフトレーニングジムの何がいいかというと自分次第で高リターン低リスクにすることができることです。

ジムを上手く活用できるかは自分次第にかかっていますが支払うのは精々月々3,000円ほど。

この費用で健康を手に入れさらにメンタルヘルスや生活の向上も見込めるとなればうまく利用してやるの一択ではないでしょうか?

どうしてもジムは合わないと感じたのなら解約することも可能なのですから。

この記事を読んで何事でも行動してみようと思っていただけたなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
管理人カチピン
管理人カチピンです。 趣味のクライミング(ボルダリングメイン)&食べ歩き。 その他日常や興味のあることをグダグダ書いていきたいと思います。 一応クライミングと食がコンセプトですがその2つは両立するのでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。
こちらの記事もおすすめ
クライミング・ボルダリング

趣味の継続【ボルダリング】なぜ続いたのか?

2019/06/02(日)
カチなピンチ
ボルダリングを始めて3年半経ちました。 特技とまでは言えませんが趣味と聞かれれば自信をもってボルダリングと言えるのではないでしょうか。 正直こんなに長く続く趣味になるとは僕自身 …
クライミング・ボルダリング

花形ムーブのランジ&ダブルダイノを制すには?

2019/10/02(水)
カチなピンチ
クライミングのムーブの1つにランジがあります。よくメディアでボルダリングが紹介されるときは必ずと言っていい程このランジが出てきます。 遠いホールドに飛びついて、足は宙ぶらりん。腕 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です