クライミング

ボルダリングあるあるを独断と偏見でまとめてみた

カメです。(@katinapinnti)

クライミングを始めてから長らくスマホの指紋認証というのが機能していなかったのですが最近は指紋が復活しているようでスムーズに認証されます。

それだけ登っていないという事になるので少し複雑な気持ちではあるのですが、指紋認証ができるとパスワード入力をいちいちしなくていいので便利ですね。

ただ指紋認証できないのは指紋がなくなってしまったわけではなく指紋が薄くなっていたり荒れていたりなので指皮のケア不足が原因の場合が多いです。

再生する時間と削れる時間をコントロールできていないために起こる障害ですね。

そういえば乾燥肌の人も指紋認証されにくいみたいです。

まあ指紋認証便利なのですがはやく登りたいというのが本音です。

今回はこういった【ボルダリングあるある】を探してみましょう。

カメX
カメX
自分は登れないなら割り切って違うことをやるタイプの人間だと思ってたけどゴールがないとキツイものだね。ストレスが蓄積されている。

ラビットうさぎ
ラビットうさぎ
要するに登ることが生活の一部になってしまったんだね。

クライミングの優先度がかなりの上位にランキングされてしまう

これもあるあるですね。

初心者あるある

ガンバという応援が恥ずかしい

何故ガンバなのか?頑張れではいけないのか?ガンバっていうのがなんか恥ずかしい。

初心者は次の日缶ジュースを開けられない

初心者は思い切りホールドを握りしめてしまいますから、次の日の反動が大きいですよね。

キャンパやりがち

「あの人すごい」と言われると気持ちいい!!そのためキャンパ多用しがち。気持ちわかります。

キッズや女性クライマーをみて驚く

実際やってみて思っていたよりしんどいなと実感した後、キッズが簡単に登っていたり女性が綺麗に登っていると感動と驚きと自信を失います。

派手なムーブが好きになる

ランジやコーディネーションなどの映えるムーブに憧れますね。でもそれでうまくなるなら全然いいと思うの!!

指皮がガッツリめくれる

僕も始めた当初はひどく皮がめくれました。風呂入るときが辛かったですね。今は滅多にないから指皮が強くなったのでしょう。人体って不思議です。

人がいるゾーンは避ける

とにかく見られたくない。知らない人怖い状態。大丈夫皆意外と優しい。

教えたがりおじさんに目を付けられる

どこのジムにでもいる教えたがりおじさん。初心者の登竜門とも言われています。そう!ボルダリングを続けるにあたり避けては通れないのですが、おじさんより上手くなれば自然と新しいターゲットを見つけ声を掛けてくれなくなります。少し寂しいですがそれが上級者への第一歩になります。個人的にこの存在はありがたかったですが人による当たり外れがあるのでご注意を。

主がいることに気付く

ジムにある程度通うようになると「あれ、この人毎日いない?」と気付くときが来るでしょう。それがそのジムの主です。

覚えたての言葉を使いがち

レスト、オブザべは日常でも使います。そうクライマーですから。

靴の小ささにビビる

店員さんにお勧めしてもらったサイズがどう見ても小さい。履いたら痛い。でもこれが普通らしい。ボルダリング怖い。

ニューハレしてる人は達人に見える

なんかニューハレしてるだけで雲の上の存在に感じるんですよね。

常連あるある

旅行は遠征

観光もいいけどクライミングジムにも行きたい。それも一つの楽しみ方ですね。

SNSはクライミング中心

ジムでの動画、外岩での動画、アイコンは登っている写真。フォロワーはクライマー。

日常でもガンバといってしまう

初めはあんなに恥ずかしかったガンバを仕事中やクライミングを知らない友人に向けても言ってしまう。だって言い慣れちゃったんだもの。

ジムに3日行かないと不安になる

とにかく休むと弱くなってしまう気がする。そんな気持ちがふつふつと湧いてきます。生活の一部になってきている証拠ですね。

プロテインに詳しくなる

筋トレやプロテインの知識も豊富になってきます。

派手さより保持力を求めるようになる

飛んだりするのもかっこいいけど、どんなホールドも保持することがかっこいい!!

スラブ・垂壁派か傾斜派に分かれる

苦手な壁はあまりやらなくなります。大体どちらかの壁に生息するよう上手く住み分けられます。時々どちらも得意なオールマイティプレーヤーがいますね。尊敬します。

露出が多い人ほど強い

大体タンクトップや上裸の人は強い。個人的意見として入れ墨の人も強い。あと眼鏡で優しそうな人はすんごく強い。

女の子の前だと不思議な力が出る

これはある!女の子のガンバには限界を超える力がある。異論は認めない!!

リーチを言い訳にする

これもある。素晴らしくダサいが時々使う。情けないが使いやすい言い訳である。

アウトドアブランドの服しか着なくなる

僕はワークマンも好きですけどね。

向井理にはソリューションは早いと思う

この話知った時笑ってしまった。

外岩あるある

動画マジックに陥る

動画をみて簡単そうだと思うが実際全くできずに心が折れる。何回も体験しましたよ・・。

食料を買い込みすぎる

大体余りますね。最近はそれを見越して足りなくなり恵んでもらうパターンが多いです。ごめんなさい。

帰りの車は睡魔との闘い

よく爆睡して「もう着いたんだ。」って言ってます。私はワープ現象と呼んでいますがそろそろ嫌われそうなのでこれからは頑張って起きていようと思います。誓います。

外岩に行っただけでうまくなった気がする

スラムダンクの谷沢現象ですね。上手くなるかはその人次第ですが外岩に行くだけで心も身体もリフレッシュできるのは確かです。

致命的な猫パンがあることを思い知らされる

よく聞く本日終了のお知らせは外岩にはあるのです。

トップアウトの気持ちよさを覚える

外岩にハマる人はトップアウトに魅了されているのだと思っています。僕もその一人。この快感を知ってしまうとなかなか抜け出す事ができなくなります。

あるあるまとめ

独断と偏見こみのあるあるですが共感してくれましたか?

あるあるを集めるためにも気兼ねなく登れる日が早く来ることを祈ってます。

普通に登れるという環境がとても恵まれていることなのだと気づかされました。では

クライミング情報まとめページ

技術的なことはもちろん、怪我やトレーニング方法などをまとめています。

他にも日常生活からクライミングにプラスになるような情報も!!

よろしければ1度覗いてみて下さい♪

 

ABOUT ME
管理人カメX
管理人カメXです。 趣味のクライミング(ボルダリングメイン)&食べ歩き。 その他日常や興味のあることをグダグダ書いていきたいと思います。 一応クライミングと食がコンセプトですがその2つは両立するのでしょうか?笑 どうぞよろしくお願い致します。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です