トレーニング・減量

低脂質高タンパクなちくわは優秀&ミールデリバリーが進化している

皆様ごきげんようカメです。(@katinapinnti)

スポーツ後にプロテインを飲む方は多いですよね。

そしてプロテインを忘れてしまった時の代用としてコンビニのプロテインバーを買う人もいるんじゃないかなと思います。

僕もその一人なのですが、少し前にTwitterでこのような情報が話題になりました。

個人的にプロテインバーは不味いとは感じないのですが、確かにこう比べるとちくわ優秀だなと。

調べてみると前から体を鍛えるのが趣味な人の間ではちくわの優秀さは有名みたいです。

たんぱく質の含有率だけを考えるならプロテインバーの方がいいが、たんぱく質の含有量&コスパを考えるならちくわが勝っていますね。

どちらもコンビニで買えるお手軽さを考えるとちくわの方が買いの様に感じます。

考えてみればちくわは魚のすり身でできてますもんね。

ちくわは主にハモやスケトウダラ、エソなど白身魚のすり身から作られています。

こういった魚は脂質含有量が低いことに加え、加工の際にほとんど油を使用しないで作られるため低脂質高たんぱくなのです。

カメX
カメX
いつもプロテインを忘れたりしたときはプロテインバーで済ましていたけどちくわ有だな。

リポDクライマー
リポDクライマー
ただちくわにも欠点があった気が・・・?

そうなんです!プロテインバーにはたんぱく質の働きを支えるビタミンB群7種類が含まれていて、ちくはには含まれていません。

そして1番の問題点としてちくわには大量の塩分が含まれています。

紀文の「鯛入り蒲鉾粋(紅または白)」の場合、1本(120g)当たり食塩相当量が2.4gになります。また、「はんぺん大判」ですと、1 枚(110g)当たり食塩相当量が2.2gで、「竹笛®」は5本入り1袋(175g)当たり食塩相当量が4.3gになります。

紀文食品HP/よくあるお問い合わせより

理想的な食塩摂取量は1日6gとされているので、少し考えて食べていかないといけませんね。

ちくわの塩分対策

ちくわは何故食塩の含有量が多いのか?

それは弾力を増やすためであり、あのモチモチとした食感をだすには致し方ないのです。

ただ他の食材と食べ合わせることによりこの塩分問題は解決できます。

野菜・果物に含まれるカリウムで塩分排出を!!

体内の余分な塩分を輩出し、血圧を抑える効果があるミネラルがカリウムです。

そしてカリウムは新鮮な野菜や果物から摂取する事ができます。

特にカリウムが多く含まれる食品

きざみ昆布  大豆  アボカド  バナナ  メロン

ほうれん草  三つ葉  小松菜  里芋

こういった食材と食べ合わすことにより塩分問題は解決すると思われます。

そしてなんといても、ちくわ+野菜の定番料理がありますよね。

そうちくきゅうです!!

ちくわの穴にキュウリを突っ込んだだけのお手軽料理ですがこれは本当に理にかなっている最強料理なんですね。

キュウリは世界一栄養価のない果実でギネスブックに堂々の1位として挙げられていますが、カリウムの成分量についてはなかなかのものです。

キュウリの可食部100gあたりのカリウム=200mg

そしてキュウリには利尿効果の高い成分を含んでいるため、むくみをとる作用もあります。

ちくきゅう優秀ですね。

どんな料理の組み合わせにも意味があると思うとなんだか感動してきました。

まさに先人の知恵です。

意外とバナナとちくわのばなちくも合うみたいです。

僕の中では絶対に無い組み合わせですが、バナナ好きの方は試してみて下さい。

ちくわに関するこんな商品も

その名も【スポちく】

こちらは日本の練り物メーカー「一正蒲鉾株式会社」発の商品です。

ただ調べてみたらあっという間に生産中止状態みたいですね・・・。

確かに1本でたんぱく質7.3gの値段が税抜158円ですとちくわのメリットを存分に消しているように感じてしまいますね。

目の付け所はなかなか良かったと思います。プロテインバーはパサパサしていて水分必須ですが、ちくわは食べやすいですしスポーツと絡める先見の明は流石だと思います。

ただ花開かなかった、まあ今は手に入らない幻の商品です。

もしかしたらまた生産再開するかもしれませんけど。

ボディメイクならマッスルデリというサービスも

ちくわとは全く関係ないですが調べていたらこういうサービスもありましたので紹介します。

マッスルデリ

基本ちくわに興味持つ方はスポーツをやっていたりダイエットだったりボディメイクしたい方だと思うのですが、どの目的にも役立つサービスだと思います。

ミールデリバリーのサービスはどんどん成長していきますね。

どういったサービスかというと身体作りのためのパーフェクトな栄養素がつまったデリバリー弁当を提供してくれるというものです。

たんぱく質豊富な美味し減量食を提供してくれるという認識でOKです。

◎時間がなくて食事の管理が難しい方

◎減量食が同じ食事ばかりで飽きてしまう方

におすすめです。

  1. 管理栄養士監修の高たんぱく質低カロリー設計
  2. 理想の身体別に選べる3サイズ
  3. 総勢40種類のマッスルデリ独自メニュー
  4. そして美味しい

とても魅力的なサービスではありますがコストは高め。

減量用・維持用・増量用の3サイズから5食セットまたは10食セットから選べますが、中間の値段である維持用で

5食セット/1食=1,160円

10食セット/1食=1,040円

定期購入だと400円OFF

といったように安くはないですね。

ただ冷凍状態で送られてくるためすぐ食べなくてもいいですし、味は本当に美味しいみたいなので僕も1度試してみたいなと思います。

結論

ちくわはたんぱく質含有量コスパともにプロテインバーより優秀であるが、塩分が多いため野菜や果物と食べ合わせるのが良い。

ミールデリバリーのサービスはどんどん進化している。

ということですね。

ボディメイクは運動2割、食事制限8割といいますので食べるものには少し気を使っていきたいなと思います。では

クライミング情報まとめページ

技術的なことはもちろん、怪我やトレーニング方法などをまとめています。

他にも日常生活からクライミングにプラスになるような情報も!!

よろしければ1度覗いてみて下さい♪

 

ABOUT ME
管理人カメX
管理人カメXです。 趣味のクライミング(ボルダリングメイン)&食べ歩き。 その他日常や興味のあることをグダグダ書いていきたいと思います。 一応クライミングと食がコンセプトですがその2つは両立するのでしょうか?笑 どうぞよろしくお願い致します。
こちらの記事もおすすめ

POSTED COMMENT

  1. […] 低脂質高タンパクなちくわは優秀&ミールデリバリーが進化している […]

  2. […] 低脂質高タンパクなちくわは優秀&ミールデリバリーが進化している […]

  3. […] 低脂質高タンパクなちくわは優秀&ミールデリバリーが進化している […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です